新・Nyanta通信  

アクセスカウンタ

zoom RSS 加藤登紀子さんのコンサート

<<   作成日時 : 2017/06/07 02:05   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 11

CDを持っている、とか、
いつも聴いている・・・とかではないのですが、
なぜか、若いころから
 「一度、生で会ってみたい、歌を聴いてみたい。」
と思っていた方の一人、
加藤登紀子さん

オーケストラなどの演奏会や、
歌舞伎・演劇には お出かけするのですが、

「歌手」・・・あ、今は  「アーティスト」 って言うんだっけ? 

そういう方のコンサートって、
田舎に住んでいる上に、
出不精、
加えて、チケット取りのワザ(?)を知らないこともあり、
ほんの数回しか行ったことがありません。

 (そのうちの1回が チェッカーズ・・・!) 

そのあたいが、
先日、午後のお仕事、年休を取って 
お出かけしてきました、コンサートへ。

        

端っこでしたが、前から3列目。 

  歌う表情から何から、ばっちり!   

の席でした。

もちろん、写真は開演前のステージのものだけ〜。

画像


ん〜。

当たり前でしょ、と言われるかもしれませんが、
歌って、
  「優れた声で、音程通りに、歌う」 
・・・ことだけじゃないんだね〜。 

もうね、ステージに登場した、その瞬間から
オーラって、こういうのを言うんだなという、

 存 在 感

歌は、ね・・・
ん〜〜〜〜、
お伝えしたいのですが、
あたいの 語彙力ではムリ・・・! 

とにかく 圧倒されてしまい、
心の奥底から、
 「なにか」を引っ張りだされてしまった らしく

   つ〜〜〜〜〜〜 

って、なんかしらんが 自然と
涙がほおをつたった曲もいくつもありました。

ステージから客席がみえたとしたら、
 「なんか、ハンカチで ごしごし してる、 変な客がいるなあ〜」
と、思いながら歌っていらしたかも〜。

2つ目のアンコールでは
「今回のステージのコンセプト上、聴けないんだろうな」
とあきらめていた
    「百万本のバラ」 
を聴くことができ、もう、満足・満足。

 素敵な時間を過ごすことができました。 

おまけに(?)帰り道、
ラジオからは ストラビンスキーの 「春の祭典」 etc.

好きな 音楽 まみれ。

   濃〜〜〜〜い半日 でした。

思い切って お出かけしてみて 良かったです。

ちょっと、ザンネンなこともありましたが、
それは次の記事ネタです。 










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な一日でしたねぇ。。
ballomam
2017/06/07 14:28
充実した一日となりましたね。
私も聞いてみたいです。
笑みりん
2017/06/07 17:05
加藤登紀子さんですか・・・・よかったですね。
彼女のデビューの前後のことをうる覚えに記憶しています。なんといっても異色のデビューでしたよ。
東大卒の才媛が素人のシャンソンコンクールで優勝!!
シャンソンにピッタリ合った低音で、声に余裕があり、しかも音程がしっかりしていた。
私もビックリしたものです。「才色兼備」ならぬ、「才声兼備」と言うか・・・。
学生運動が盛んな時代でしたが、同じ活動をしていたリーダーの男性と意気投合し、結婚。
しかし夫は逮捕されて獄中に繋がれる・・・如何にも登紀子さんらしい生き方だと、世間の関心を集めましたね。
そして生まれた歌が”一人で寝る夜はよ♪”・・・「一人寝の子守唄」でしたっけ。
獄中にある夫を思っての歌だと、誰もが彼女に関心を寄せたものです。
その後の活動も型破りで、農業に取り組んだりしていましたね。
当時、彼女は日本社会に大きな座標を打ち立てたと思います。
その座標も、動きの早い芸能界では徐々にそぎ落とされていったように感じられますね。
nyantaさんのようなファンがいてくれることは、彼女にとって宝物のようなものではないでしょうか。
知ったかぶりをするようでどうもすみません。年寄りはこれだから嫌われてしまう・・・ごめんなさい。
あきさん
2017/06/07 17:12
加藤登紀子さんのコンサート
いいわね
こころに歌が入り込んでくるわね
いいなぁ
もうヘトヘト
2017/06/07 23:08
 加藤登紀子さんって、おいくつくらいなのかしら?
あきさんコメントのようなことも、うっすらとしか存じあげてませんでした。なんというか「笑顔がステキ」なんて簡単な表現では表しきれない「余裕」「深み」を感じる方だな〜と。
 ピアノ(曲のアレンジも)がまたステキで・・・。

先日の記事で、「芸能人って大変」というような内容のことを書きましたが、見ず知らず他人に幸せな時間をプレゼントできる素敵な職業だとも思いました。 
Nyanta
2017/06/08 15:54
コンサートいいですねぇ♪
一度は行ってみたいと思うものには行くべきですよね

色んなことに興味が有りすぎて(笑)
タイミングが良ければ行きます

私も普段は家からバイクや車で10分圏内の生活です
でも、思い立ったら吉日です(笑)
とまる
2017/06/08 21:45
コンサートとCDとテレビは雲泥の差ですから、いけてよかったですね。
ライブ聴いて何ぼだと思います、わたしw
次のコンサートは計画してますか?次も楽しんでくださいね。
ミルテ
2017/06/08 23:52
心に響く音楽って理屈じゃないですよね
特にライブは。

すずりん♪
2017/06/09 15:33
 この頃、別なことで注目されることが多くなり、なんとなく歌舞伎からは足が遠ざかっていますが、歌舞伎も「ライブ」で初めて見たとき衝撃を受けまして。
 特に「お歌い」の迫力がすごくて〜、古典モノと踊りが好きです。

 また働いてお金をつくって、お出かけしたいです。
 
Nyanta
2017/06/09 17:53
「百万本のバラ」、この歌を聴くと涙がでてきます。
絵描きがかわいそうでかわいそうで
テンプル
2017/06/09 19:16
 そう。
 若いころはあたいも「なんてひどい!絵描きがかわいそう」と思っていたのですが、この頃「あの歌詞でいいんだ」と思うようになりました。
 「バラの思い出は心に消えなかった」絵描きは、実はとても幸せなのでは。
Nyanta
2017/06/10 09:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
加藤登紀子さんのコンサート 新・Nyanta通信  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる